×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

引越し 工夫

家具やキッチン用品

引っ越し

引越しを行う時には、特に自分で行う場合は家具やキッチン用品などを注意して運搬しなければならないです。皿などの割れ物に関しては、一般に使われているダンボールに新聞紙を包んで、自家用車などで運搬すると割れる可能性が高くなります。

 

また、軽い家具を運搬する場合には家具の端の部分が床に当たるなどで床などを傷つけてしまう恐れがあります。従って、引越し会社などで販売されている梱包用のダンボールを購入して皿などを梱包したり、家具を運搬する前に家具の端の所に梱包のする道具などを取り付けて、床や家具が傷つく事を防止しながら運搬をします。

引っ越しの手伝いに来てくれた頼もしい友達

姉が結婚することになり、今まで住んでいた家は部屋数も多く家賃も高めだったので引っ越すことにしました。新しい家は今まで住んでいた家のすぐ近所で見つけました。

 

歩いてもいけるくらいの距離だったので引っ越し費用もなるべく安く済まそうと思い、運べる物は自分達で運ぶことにしました。その話を友人にしたところ、それなら自分も手伝うよと声をかけてくれました。

 

その友達はわざわざ大きな車も借りてくれ、おかげで沢山の荷物を運ぶことができました。自分達で運べる物は友達の助けもあってその日のうちにほぼ運んでしまいました。

 

引っ越し当日は大きな家具や電化製品のみの運搬だったので、かなり安く引っ越しをすることができました。これも頼りになる友達がいてくれたおかげですね。